top サイゼンセンワークショップとは musubiの時代 講師紹介 サイゼンセンレポート
講師紹介

2003年より約9年間、南山大学大学院人間文化研究科教育ファシリテーション専攻の研修生として故・山口真人氏に師事し、Tグループをはじめとするラボラトリートレーニングのトレーナーとしてフリーランスで活動中。 大学生時代からのボランティア・市民活動での組織づくり体験も活かしながら「クレセント・ワークス」の屋号で自治体主催の研修会のほか、社会福祉協議会、大学、NPO法人などの研修会講師や事業コーディネーターを請け負う。
講師のwebサイト(http://www.crescent-works.com/)

19歳のときに「人が生まれてきた意味」を探求するため、放浪の旅に出る。大学卒業後、職を転々とし30歳で起業するも、3年後に多額の負債を抱えて破産寸前になる。 その後、無収入が続く中、「人を元気にする」を信条として、再スタート。セミナー講師、カウンセラー、コーチなどあらゆる方法で人を元気にし続ける。現在は真のリーダーの育成に力を注ぎ、自身の生き方で道を示すリーダーとして熱烈なファンが多い。 わずか2年で100回以上受講する受講生も多数いる。心の在り方を全身全霊で語る姿が特徴。2008年ドリームプラン・プレゼンテーションにて感動大賞受賞。 2009年には2か所、2010年には13ヶ所のドリプラを主催。メルマガ「魂を揺さぶる言葉達」を配信中。講師のwebサイト(http://www.isshin18.jp/)

高校教師時代はカール・ロジャーズのパーソン・センタード・アプローチに基づく 「教えない授業」を実践。平成2年~13年龍谷大学学生相談室カウンセラー。平成14年プレイバックシアタープロデュースを立ち上げる。平成24年にプレイバックシアタープロデュースの看板を下ろし、組織の生みの親であり、メンターでもあった「フェンスワークス」のメンバーとなる。大阪在住。現在は、日本に古くから伝わる民衆芸能の要素を取り入れながら独自に発展させ、「きくみるはなす縁坐舞台」と名付た即興舞台芸能の研究・構築を試み、シアター・坐・フェンスを率いて全国のさまざまな地域で公演および普及活動に取り組んでいる。また、ライフワークであるミニカウンセリング・トレーニングや円座守人(非構成的エンカウンターグループのファシリテーター)養成クラスも継続中。天気のいいヒマな日には、公園のハトに餌をやったり、滑り台の手すりにぶら下 がったりしている。

講師のwebサイト(http://enzabutai.com/cn26/ftop.html)

1964年、兵庫県宝塚市生まれ。1988年、一橋大学法学部卒業、株式会社リクルート入社。人事・営業・企画・研修開発などの業務を歴任し、1994年に退社。米国サンフランシスコにあるCalifornia Institute of Integral Studiesにて組織開発・変容学を専攻、1997年に修士号を取得。米国留学中の1995年に世界的なコーチ養成機関であるCTI(The Coaches Training Institute)のコーアクティブ・コーチングと出会い、翌1996年に日本人として初めてCPCCという認定資格を取得。2000年にコーアクティブ・コーチングを日本に紹介するため、株式会社CTIジャパンを設立、代表に就任。現在は同社およびその親会社である株式会社ウエイクアップの相談役を務める。2009年にはNPO法人トランジション・ジャパン、翌2010年にはNPO法人セブン・ジェネレーションズを設立、持続可能な未来を創るための市民運動を展開。特に、現在住む神奈川県の藤野では地域通貨よろづ屋や藤野電力、森部、お百姓クラブなど、トランジション・タウンの活動から生まれた多数のワーキンググループが活発に動いており、まちの活性化に貢献している。講師の所属する組織のwebサイト(http://www.thecoaches.co.jp/)

 

株式会社フューチャーセッションズ 代表取締役社長。国際大学グローバルコミュニケーションセンター(GLOCOM) 主幹研究員。K.I.T.(金沢工業大学) 虎ノ門大学院 ビジネスアーキテクト専攻 客員教授博士(工学)。慶應義塾大学大学院理工学研究科 開放環境科学専攻 後期博士課程修了。富士ゼロックス株式会社入社。同社総合研究所にCSCW(Computer Supported Cooperative Work)研究、コーポレート戦略部にて同社の「ドキュメントからナレッジへ」の事業変革ビジョンづくりを経て、2000年に新規ナレッジサービス事業KDI(Knowledge Dynamics Initiative) を自ら立ち上げた。KDIにてシニアマネジャーとして、ナレッジサービス事業KDIを12年にわたりリードした。2012年6月、グローバルなフューチャーセンター・ネットワークを構築し、企業、行政、NPOを横断する社会イノベーションをけん引するため、株式会社フューチャーセッションズを立ち上げる。 講師の公式ブログ(http://nomura-blog.cocolog-nifty.com/)

 

1974年仙台市生まれ。早稲田大学大学院MBA専任講師(専攻は哲学、心理学)。構造構成主義というメタ理論を体系化、提唱している。東日本大震災で実家が被災し親族を亡くす。行政が機能不全に陥るなか、2011年4月、「必要なものを、必要な人に、必要なだけ直接届ける」画期的な支援システム「ふんばろう東日本支援プロジェクト」fumbaro.org/ を立ち上げ、35,000回以上、155,000品目もの物資を3000ケ所以上に届ける。

現在は被災地に仕事、教育、心の支援が必要であるとの考えから、仮設住宅へのネット環境提供や重機免許の取得支援、ミシンでお仕事プロジェクトや学習支援プロジェクトなど、自立支援に注力している。

「ふんばろう」は2012年12月現在、2700人を超えるボランティアがスタッフ登録するまでに急成長。facebookグループでの組織運営、Twitterを活用した情報拡散など、その誕生、成長、運営形態などが今までにない新しい社会貢献活動の形であると注目されている。

2月17日にふんばろうについて語った書き下ろし、「人を助けるすんごい仕組み -ボランティア経験のない僕が、日本最大級の支援組織をどうつくったのか- 」がダイヤモンド社から刊行された。

講師の活動母体(http://fumbaro.org/)

人権、環境、平和などを変わらないテーマとして、持続可能な未来への共育を多様な対象に多様な場で企画運営。「それぞれが個別に持つ持ち味と能力を最大限に活かして、自分の生きる社会に心を込めて手を入れていく力を養う教育」という国際理解教育の理念 と「自分をふりかり、他者から学ぶ」という参加型の学びに共感し、今に至る。人々の楽観、効力感が未来を拓くと信じ、学びの場、協働の場の効力感と楽観を支え、よりよいものを生み出す人々の学びあいに寄り添うファシリテーターめざし、精進中。
講師のwebサイト(http://nied.love-hug.net/)

ファシリテーション、コーチングのWSのほか、”人が育つ組織”を育てる、人と組織の活性化について、講演、研修講師として定評がある。笑いあふれる参加型研修が特徴。著作物には「チーム力をつくる3ステップ」(翔泳社)や、本間正人と共著で、「コーチングに強くなる本・応用編」(PHP研究所)、等がある。一般社団法人ヒューマンウエア研究機構代表理事。特定非営利活動法人学習学協 会理事、九州工業大学大学院博士後期課程単位取得修了。
講師のwebサイト(http://www.homma.com/)

「イエメン、イラク、ルワンダ、シリア、南スーダンなど、大学の仕事の合間を縫っては問題・紛争を抱える現場に関わり住民参加型の解決アプローチを施す国際協力ファシリテータ。専門は保健、平和など。日本では差別、まちづくり、教育改革に関わり、学生と共にフィールワークを重ねている。」講師を紹介しているwebサイト(http://fis.meijigakuin.ac.jp/ks-j/information/staff/hirayama-megumi)

京都大学大学院(工学研究科)修了後、トヨタ自動車入社するも、現代社会の在り方に疑問を抱き、新しい生き方の確立を目指して退社。2008年1月、島根県隠岐郡海士町にて、株式会社巡の環を仲間と共に設立。持続可能な地域づくりを目指す。講師の所属する組織のwebサイト(http://www.megurinowa.jp/)

宇都宮大学大学院教育学研究科 教科教育専攻美術教育専修修了。2009年に中野民夫氏(現:同志社大学教授)との出会いがきっかけで、ワークショップ/ファシリテーションを学び始める。2011年にリコを設立、関東を中心に参加型の場づくりを行う。講師webサイト(http://www.re-co.ws/)

特定非営利活動法人起業支援ネットの副代表理事を務める。起業家の育成・支援、ソーシャルベンチャーの立ち上げ支援、新規事業開発・第二創業支援、コミュニティビジネス創出支援、人事戦略、制度構築支援を専門としこれまで様々なセクターに関わる。講師の所属する組織のwebサイト(http://www.npo-kigyo.net/)

東京女子大学在学中に「女性が働くこと」について問題意識を持つ。Web企画制作会社入社の後、コミュニケーションデザインを学ぶ。女子学生のための就活支援サイトを運営後、2012年にNPO法人ハナラボを設立。現在は山梨県北杜市にて、地域と地域、農村と都会をつなぐべく活動中。講師の所属する組織のwebサイト(http://hanalabs.net/)

福岡市生まれ。広告制作会社勤務を経て、2001年に()サカイツオを立ち上げ、以来、広告クリエーター、プランナー、プロデューサーとして活動。また、ファシリテーターとしての活動も多い。福岡市「ビジョン・カフェ」西日本新聞「NEWScafe」など語り場マーケティングに取り組む。講師の所属する組織のwebサイト(http://localentrepreneur.jp/profile.html)

愛・地球博でNPO/NGOが参加した地球市民村事業や、横浜開港150周年記念事業の開国博Y150のヒルサイド市民創発事業、横浜市主催の市民参加型都市ブランド構築事業など、公共フィールドにおける参加・対話型のスキーム展開を企画・プロデュースする。講師webサイト(http://flavors.me/jptyotaku)